手彫り印鑑のメリットについて

印鑑のハンコズ

印鑑、はんこの専門店ハンコズTOP > 手彫り印鑑のメリット

印鑑商品一覧
印鑑・はんこ トップへゴム印シャチハタ タイプ表札朱肉・スタンプ台
個人向け単品激安個人向けセット法人向け単品法人向けセットケース
印鑑 はんこのコンテンツ
当店では、安心して、そして納得して、末永くお使いいただける、
熟練職人による、こだわりの手彫り仕上げで印鑑を、
お作りさせていただきます!
―――――――――――――――――――――――――――――
ひとくちに印鑑といっても、その「彫刻方法」「品質」、ひいては「偽造のされやすさ」まで、
実は、大きな差があるもの。
だから、上手に選ばないと、二束三文の印鑑をつかまされたり、実際の価値以上に
高額な商品を買わされてしまう、ということになりかねません!
また印鑑は、まさにあなたの「顔」として、これから一生、付き合っていくもの。
一生に一度になるかもしれない ” はんこ選び ” で、誰だって、失敗したくはありませんよね?
そこで、このコーナーでは、当店でお作りする
<手彫り仕上げ印鑑>のメリットを
ご紹介させていただきながら、
一生に一度の ” はんこ選び ” で失敗されないよう、
誠意をもって、アドバイスさせていただきます!




▼ 手彫り印鑑のポイント!
その1.手彫りの印鑑は、文字・枠の仕上がりが、すっきりと美しい!
⇒ 手彫り 仕上げの印鑑は、印刀で仕上げるため、文字や枠が、すっきりと美しい。
手彫り 仕上げ 印鑑は、職人が 1文字ずつ、丹念に、文字や枠に刀を入れて いきます。
手彫りのため、文字や枠が
すっきりとした、美しい線に なるのです。
それに対して、機械彫りのはんこは、彫り残しや字線のボヤケのため、
どうしても印影がボッテリしてしまいます。そのうえ、彫刻面にケバがあるため、
ザラザラしたイヤな感じが、どうしても取れないのです。
※このどうしても残るザラザラ感が、印鑑が綺麗に押せない大きな原因となります。




▼ 手彫り印鑑のポイント!
その2.手彫り印鑑は、枠と文字がしっかりしているから、
丈夫で欠けにくい!

⇒ 手彫り仕上げの印鑑は、枠と文字の太さが一定で、しっかりしている。
手彫り 仕上げは、職人が印刀で仕上げます ので、文字の太さ、枠の太さは一定して
均一
ですが、機械彫りのはんこの場合は、枠・文字の太さが、均一ではありません。
たとえば、代表者印の枠。この枠はとても細い枠ですが、機械彫りで作ったものの中には、
なんと枠がなくなってしまうほど、細くなってしまっていることが多くございます。
当店の手彫り 仕上げの印鑑の枠がしっかりしているのは、下図のように、
職人が少しずつ、
枠の土手の部分が太くなるように削っていくため
なのです。
まさに、手彫り 仕上げのはんこならではの、心のこもった配慮であるといえますね。


手彫りのはんこの枠手彫りのはんこの枠 機械彫りのはんこの枠機械彫りのはんこの枠
手彫り 仕上げの印鑑の枠(○)
枠の土手がしっかりしているため、丈夫
機械彫りの印鑑の枠(×)
枠の土手が不安定なため、欠けやすい



▼ 手彫り印鑑のポイント!

その3.手彫り印鑑は、欠けにくいから、いつまでたっても丈夫で長持ち!
⇒ 手彫り仕上げの印鑑は、欠けにくい。つまり、長持ち します。
上記のとおり、手彫り 仕上げの印鑑は 丈夫で欠けにくい のに対し、機械彫りの
はんこなどは、「欠けやすく、もろい」という非常に大きな欠点があります。
いくら保証書付きといっても、まさに自分の「顔」である はんこが欠けてしまうというのは、
イヤなものですよね?
また最悪、はんこが欠けてしまった場合は、もう一度、新しく作りなおして、登録しなおすという
ことをしなければならず、非常に面倒です!
さて、はんこが欠けるのは、実はほとんどの場合が「枠」である、というのはご存じですか?
特に、会社の契約書に使う会社実印や、印相体のはんこの枠はとても細くなっているため、
枠が不安定な機械彫りの場合、非常に欠けやすいのです。
一方、当店の手彫り 仕上げのはんこの枠は、土手の部分に対して斜めに彫リ込みますので、
枠の土手がしっかりとして、丈夫で欠けにくい ように工夫がなされているのです!
印鑑は、まさにあなたの「顔」として、
これから一生、付き合っていくもの。
どうか丈夫で欠けにくい、そして末永くお使いいただける手彫りのご印鑑をお選びください!



▼ 手彫り印鑑のポイント!

その4.当店のご印鑑は、熟練職人の手書きによる字入れですので、
たとえ同姓同名でも、二つと 同じ印影はできません!

⇒ 実は、機械彫りのはんこは、いとも簡単に ”全く同一のもの” ができてしまいます。
機械彫りの印鑑(またはそれと同等のもの)は、製作の工程において、まったく人の手が
入っていない、ということはご存じですか?
機械彫りは、コンピューターで呼び出した文字を、専用の彫刻機でただ彫るだけ。
そこには、まったく人の手は入りません。
このため、機械彫りのはんこは、
「全く同一のもの=同型印」 がいとも簡単にできてしまう
のです。
100円ショップで販売されている、大量生産の三文判ならまだしも、登録印である
実印や銀行印がこれでは、心配ですよね?
これに対して、当店では、熟練した職人が、一文字ずつ手書きで字入れを行っており、
彫刻におきましても、その全工程を、職人が手彫り 仕上げにて行っております!
そのため、当店の印影は、たとえ同姓同名であっても、
二つと同じものは出来ません。
安心して、そして納得してお使いいただけます!



▼ 手彫り印鑑のポイント!

その5.手彫り 仕上げ 印鑑のプロフェッショナルだから作ることができる、
調和のとれた、美しいデザイン。

⇒ 印章のプロフェッショナルでなければ作れない、調和のとれた、美しいデザイン。
機械彫りは、印章についての知識が全く無くても、簡単に作ることができるため、
一目見ればわかるほど、印影のデザインが稚拙で、非常に安っぽいものになります。
あなたの「顔」として判断されることも多い、あなたの印鑑。
届いたはんこのデザインが、上記のように粗雑なものだったら?もうがっかりですよね。
これに対して、手彫り 仕上げの印鑑は、印章のプロフェッショナルでなければ
製作することは困難なため、当然デザインも
非常に調和のとれた、美しいデザイン である
のが特長です。




「じゃあ、どうやって見分ければいいの?」というお客さまへ


「手彫り 仕上げ 印鑑のメリットはわかったけど、じゃあ、どうやって見分ければいいの?」
というお客さまのために、手彫り 仕上げと機械彫りの見分け方について、
ご説明させていただきます。




▼ 手彫りと機械彫りの見分け方

その1.販売価格が不自然に安い場合、機械彫りの可能性が極めて高い。
⇒ 一般的な価格から考えて、不自然に安い場合は、機械彫りの可能性が高いです。
値段が安いのはいいことですが、こと印鑑に関しては、必ずしもそうとは限りません。
なぜなら、ひとくちに印鑑といっても、その
「彫刻方法」「品質」、ひいては
「偽造のされやすさ」 まで、実は大きな差があるためです。
一般的に、
あまりに値段が安い場合 (一般的な価格から考えて、不自然に安い場合)は、
機械彫りか、機械彫りと同等の印鑑である場合がほとんどです。
上記の理由のため、印鑑をお作りになられますときには、決して価格だけでは決めず、
当店をはじめ、さまざまな印鑑のお店のホームページに掲載された、
「書体見本」
「実際の彫刻面の写真」などをじっくり確認して、お客さまがご自分のご印鑑を
お作りになる上で、本当に納得できる価格と品質のお店でお作りになられますことを
ぜひお勧めさせていただきます。



▼ 手彫りと機械彫りの見分け方

その2.「手彫り 仕上げ」の表記がない場合は、機械彫りの可能性が高い。
⇒ ショップのトップページなどに、「手彫り 仕上げ」の表記があるかどうか、確認しましょう。
手彫り 仕上げのお店は、きちんと表記しています!

※「彫り」の部分については、PL法(製造物責任法)によって、その印鑑を彫刻したところが
責任を負うことになります。従って、販売する側の責任をより明確にするために、
お客さまには、彫りの方法を正しく明示すべきであると考えています。



▼ 手彫りと機械彫りの見分け方
その3.はんこのデザイン確認が、書体の確認までしか出来ない場合は、
機械彫りの可能性が、極めて高い。
⇒ はんこのデザイン確認において、書体の確認までしか出来ず、デザインの修正に
対応できないお店は、機械彫りの可能性が高くなります。

機械彫りのお店は、コンピューターで呼び出した文字を、そのまま彫るだけ。
一切、人の手が入らないことはご説明させていただきましたが、このように、しっかりとした
はんこの製造技術を持たず、印鑑の版下も、文字をコンピューターで呼び出して安易に作り、
そして手間をかけずに彫刻するようなお店は、どうしても、技術がないことと、
製造システムの都合上、はんこのデザイン確認時に、お客さまからのデザインの修正に
対応することが困難なのです。このため、このようなお店は書体のみの確認しかできません。
一方、当店で行っております、印影イメージ確認サービスは、デザインのご修正も無料で
お承りさせていただいております。
このシステムは、お客さまに納得して、そして満足してお使いいただけるご印鑑をお作りする
ためには、必須のシステムであると考えております。



▼ 手彫りと機械彫りの見分け方
その4.会社の印鑑について、印相体の価格のみ他の書体と比べて高い、
または、法人印の印相体を受付けていないお店は、
機械彫りの可能性が、極めて高い。
⇒ 会社印の印相体のデザインは、ある程度の技術が必要です。
この技術を持たないお店や、印相体のデザインに慣れないお店には、注意しましょう。

印鑑の製造技術をしっかり持った、プロフェッショナルであれば、印相体で会社印を製作する
場合のみ値段を高く設定したり、印相体での会社印の製作自体を受付けていない、
などということは絶対にありえません。
特に昨今、印鑑の偽造防止の観点から、個人印だけでなく会社印につきましても、
複雑で偽造されにくい、印相体をお選びになるお客さまが多い傾向にございます。
印相体が申し込めない、または、申し込みづらいということは、お客さまの大切なご印鑑を
お作りするという立場上、あってはならないと考えています。

↓ ご希望の商品ページへはこちらからお進みいただけます! ↓
印鑑 (個人単品)印鑑 (個人セット)印鑑 (法人 単品)印鑑 (法人 セット)はんこ ケース
ゴム印シャチハタ タイプ表札朱肉・スタンプ台> 印鑑 はんこ トップへ

■ 印鑑−まさにあなたの「顔」として、いろんな場面で活躍する、こだわりの手彫り 仕上げ。
個人単品 実印 銀行印 認め印
カラー はんこ/パールグラス カラー はんこ/オーロラ
チタン 印鑑 チタン 印鑑 (貴石付き) 水晶 印鑑
蒔絵 印鑑 プチ 印鑑 (プチ 象牙+Fレザーケース)
個人セット 実印・銀行印 セット 実印・銀行印・認め印 セット
ケース 等 Fレザー ケース Fレザー ケース セット 朱肉
法人単品 会社 実印 (代表者印) 会社 銀行印 会社 角印・職印
会社 チタン 印鑑    
法人セット 会社 実印・銀行印 セット SOHO 設立 セット 会社設立 セット
ケース 等 はんこ ケース 朱肉  
■ ゴム印/シャチハタ タイプ−使いやすいと評判のゴム印と、機能的で便利なシャチハタ タイプ。
ゴム印 親子 ゴム印 データ印 (ゴム印) 角印 (ゴム印)
代表者印 (ゴム印) オリジナル ゴム印 シャチハタ スタンプ台
シャチハタ タイプ brother ネーム印
(シャチハタ タイプ)
brotherスタンバー(シャチハタ タイプ)
■ 表札−あなたの家の玄関を飾る、高品質な表札を、できるかぎりお安く。
天然御影石 表札 天然大理石 表札 セラミック 表札 金属 表札
ステンレス 表札 天然木 表札 プラスチック 表札 マンション用 表札
二世帯用 表札      

お客さまのためのはんこ 専門店

*** 手彫り 仕上げ 印鑑のお問い合わせは、フリーダイヤル 0120-853-506 までお願いいたします ***

印鑑 はんこ 専門店/手彫り 仕上げ 印鑑のツボ

水晶印鑑
水晶印鑑
ゴム印の作成なら
ゴム印
格安販売
チタン印鑑
象牙 販売
象牙印鑑
実印
実印
シャチハタ
シャチハタ
ゴム印
ゴム印
デザイン印鑑
デザイン印鑑
名刺
名刺
名前スタンプ
名前スタンプ
手彫り印鑑
手彫り印鑑
オリジナルスタンプ
オリジナルスタンプ
チタン印鑑
チタン印鑑
象牙印鑑/象牙箸
象牙印鑑/象牙箸
購入ガイド
印鑑購入ガイド
激安印鑑の作成
激安印鑑の作成
   
印鑑・はんこの専門店 ハンコズ Copyright(c) Hanko-s.com 2000-2015 All rights Reserved.