印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/10/24 金曜日

角印の押し方・位置は何が正しい?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 13:13:26

角印の押し方・位置については法律で定められているわけではなく、
絶対的なルールはありません。

ただ一般的な角印の押し方としては、社判(住所印)の会社名もしくは
代表者名の最後の1文字に半分ぐらいかかる位置になつ印する
角印の押し方が多いようです。

社判(住所印)の会社名の真ん中の位置に重ねて角印をなつ印する
押し方もあるようですが、この位置だと印影が重なる面積が大きすぎて、
あとで角印や社判が判読しづらくなる可能性が高くなります。

角印とは、請求書や領収書が間違いなくその会社によって発行された
ものであることを示す印鑑ですから、印影が見えづらくなる原因となるような
押し方はあまりお薦めできません。

ただし一部は社判(住所印)と重なる位置になつ印する押し方の方が、
請求書や領収書の変造を防止に効力があるということから、
上述の位置になつ印する角印の押し方が一般的となっているようです。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

 

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***