印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/7/28 月曜日

印鑑の書体で一般的なフォントを、実印・銀行印・認印それぞれについて教えてください。

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:26:19

印鑑の書体はさまざまな種類がありますが、そのはんこの用途によって
一般的なフォントがございます。
ここでは実印・銀行印・認印、それぞれの印鑑の用途とともに
お選びいただくことの多い書体についてご案内いたします。

まず実印につきましてですが、こちらは居住地の市区町村役所に登録する
印鑑で、家やクルマの購入といった重要な契約時に、本人であることを
証明するためのはんこです。
いわばあなたの「ID」となる印鑑ですから、偽造防止の意味から、実印には
最も複雑で判読しづらい印相体(吉相体)の書体が選ばれることが多くございます。

次に、銀行印は、預金口座を開く際に、金融機関へ本人確認の証明として
登録する、金銭を管理するための大切な印鑑です。
銀行印も実印と同様に、あなたの「ID」の役割を果たすものですから、
印鑑として最も偽造されにくい、印相体の書体が最も好まれる傾向にあります。

一方、認印は、宅配便の受け取りから公的な証書の請求にあたるまで、
日常生活において最も使用頻度が高い印鑑です。
認め印は、実印や銀行印とは異なり、どこかの機関へ登録するものではなく、
またその印鑑としての用途から、読みやすさ(名前の判読しやすさ)が優先される
傾向にあることから、古印体や楷書体といった書体が一般的となります。

以上、印鑑の書体として、実印・銀行印・認印それぞれにおいて
一般的なフォントをご案内させていただきました。
よろしければ、書体選びのご参考としていただけましたら幸いです。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***