印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/7/24 木曜日

会社の印鑑は、どの書体で作るのが良いのでしょうか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 14:17:08

会社の印鑑につきましては、もちろんお客様のお好みもございますが、
その用途に応じて、適切な書体でお作りになられますのが一般的です。
以下にて、それぞれの会社印鑑の使い方をご説明しながら、
最適な書体をご案内させていただければと存じます。

まず一つ目は会社の実印です。
これは設立登記の際に、法務局に登録する印鑑で、実際の業務では
各種契約書に、個人の実印と同様に印鑑証明を添えて、
たしかにその会社によって契約が結ばれたことを証明するためになつ印します。
法務局に登録して、その会社であることを証明する「ID」となるのが
実印ですから、偽造防止の観点から、最も複雑で読みづらい書体となる
印相体がお薦めです。

二つ目は、会社の銀行印です。
この印鑑は、法人の口座を開設する際に、金融機関へのお届け印として
個人の銀行印と同様、登録するはんこです。
金銭の出納を行うときに、間違いなくその会社であることを証明する
印鑑ですから、銀行印も実印と同様に、偽造防止の観点から、
やはり複雑で偽造されにくい書体である印相体で作成されるケースが多くなります。

最後は、会社の角印です。
領収書や請求書、見積書など、日常業務で発生する様々な書類に対して、
たしかにその会社によって承認され発行されたことを示すために
なつ印する印鑑が角印です。
実印や銀行印と書体を統一するため、印相体で作成されるケースもありますが、
角印については、読みやすさを重視し篆書体をお選びいただくことも多くございます。

上記の傾向をご参考としていただき、会社印鑑の書体選びに
お役立ていただければ幸いでございます。


※「よくあるご質問集」は、会社 印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***