印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/11/5 水曜日

契印と割印の違いを教えて。

Filed under: よくある質問集 — admin @ 11:47:33

ここでは契印と割印の用途や押し方について説明します。

■契印とは?
契印とは、契約書が2枚以上にわたる場合にあとから抜き差しして契約の内容を変更できないようにするための印鑑です。契印を押す場所はページとページの間にまたがる位置に押印するのが正しい押し方です。通常は契約書に押印した会社実印を使用します。

■割印とは?
割印とは、契約書の正本と副本、原本と写しのように、同じ文面の文書を
二つ以上作成したとき、それが一つであること、又は関連するものであることを
証明するために押す印鑑です。割印をなつ印する場所は、後で照合したときに一つの印になるように、双方の文書にまたがる位置に押すのが正しい押し方です。
割印に関しては、専用に割り印を作成するのが一般的です。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

 

« 前のページ次のページ »


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***