印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/10/15 水曜日

シャチハタと印鑑の違いを教えてください。

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:17:45

シャチハタと印鑑の違いにつきましては、根本的な違いが2つあります。

シャチハタと印鑑の違いのひとつは、同じ印影のハンコが存在するかどうか。
基本的に印鑑は印影でもって個人を識別し特定するものですから、
正しく作られたものは、その印影は唯一無二、二つと同じものがないことで
個人のIDとしての役割を持ち得ます。
一方シャチハタは大量生産の工程の中で、同一の印影が大量に
製造されますので、個人を特定する手がかりにはなりません。
印鑑の中でも、三文判などの既製印、PCで安価に作られたものなどは
この意味でシャチハタに近いと言えます。
印影に個人を特定する能力があるかどうか、責任や義務の所在を判断するときに
ハンコの印影が根拠となり得るか、これが印鑑とシャチハタの違いのひとつです。

シャチハタと印鑑の違いの2つめは、印面が変形しないかどうか。
柘や水牛、象牙、チタンなどの材質で作成された印鑑は、
そう簡単に印面が変形しませんが、シャチハタの印面はゴムですので、
印鑑に比べると用意に変形してしまいます。
ハンコに個人のIDとしての機能が必要な場合(形式的ななつ印でない場合)は
いつ押しても常に同じ印影でなければいけませんので、この意味から
シャチハタは不適とされるケースがよくあります。

上記の違いより、印鑑は個人のIDとしての機能を満たすのに対し、
シャチハタはその能力がありませんので、あくまで形式的に使用されることが
多いと言えます。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

 

« 前のページ


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***