印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/8/20 水曜日

100円ショップの印鑑を、実印や銀行印にすることはできますか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:57:42

印鑑、とくに実印や銀行印を、100円ショップで市販されているはんこで
登録を行うことは、絶対にしてはいけません。
最悪の場合、思わぬトラブルに巻き込まれたり、財産を失いかねない危険が
ありますので、どうかご注意ください。
以下にて、なぜそのような印鑑では実印や銀行印として危険なのかについて
ご説明させていただきます。

まず、実印とはどんな印鑑なのかと申しますと、居住地の市区町村役所に、
「本人であることの証明」として登録するはんこになります。
いわばあなたの「ID」となるものですから、世の中に二つと同じ顔の人間が
いないように、実印もまた、二つと同じ印影があってはなりません。

次に銀行印とはどんな印鑑なのか、こちらは預金口座を開設する際に、
金融機関へのお届け印として登録するはんこです。
預貯金の出し入れのときに、間違いなく本人かを確認するもので、
実印と同様に、あなたの「ID」となるものです。
このため、銀行印もまた、二つと同じ印影があってはいけません。

100円ショップで市販されている印鑑は、大量生産の既製品です。
このため、同じ苗字であれば、同じ印影のはんこが無数に存在します。
これを悪意のある第三者が手に入れたら・・・。考えるだけでも恐ろしくなります。
既製印はもともと急場しのぎの認印として利用するもので、
まったく同じ印影の同型印が無数に存在するという点において、
実印や銀行印のように、個人の「ID」となる印鑑にはなり得ません。
このような本人証明となるはんこには、手作りの唯一無二の印影である、
しっかりとあなたの「ID」としての役割を果たすものをお選びください。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

« 前のページ


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***