印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/8/1 金曜日

株式会社の設立には、どの印鑑を作成する必要がありますか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:48:18

株式会社の設立にあたり必要な印鑑としましては、法人の実印となりますが、
実際の業務に入ります上では、銀行印、角印は最低限必要になります。
ここでは、それぞれの会社印鑑のご用途を簡単にご説明しながら、
作成上のワンポイントアドバイスをご案内させていただきますので、
よろしければご参考になさってください。

まずは、会社の実印ですが、これは設立登記を行う際に法務局に登録する
印鑑となります。
実際の業務の中では、各種契約書に印鑑証明を添えてなつ印することで、
たしかにその会社によって契約が結ばれたことを示します。
会社実印は、通常は二重丸で作成させていただき、外文字に設立される
貴社名、内文字に「代表取締役印」の6文字をお入れするのが
一般的となります。

次に会社の銀行印につきましては、法人の預金口座を開設するときに、
金融機関へのお届け印として登録を行う印鑑です。
預貯金の出し入れをするときに、たしかにその会社であることを証明します。
銀行印も実印と同様に、二重丸で作成し、外文字に貴社名、
内文字には「銀行之印」の4文字をお入れします。

最後に会社の角印ですが、こちらは領収書や請求書といった日常業務で
発生する各種書類に、たしかにその会社によって承認されて発行されたもので
あることを示すためになつ印する印鑑です。
角印は、貴社名のあとに「印」または「之印」の送り字をつけて
作成いたしますのが一般的となります。

以上が、株式会社の設立の際に必要となる印鑑となります。
他にも、割印や会社の認印が入用となるケースがございますが、
これらの印鑑については、そのときに作成していただくということで問題ありません。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

次のページ »


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***