印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/7/22 火曜日

印鑑を作成したいのですが、実印と認印はどう違うのですか?併用はできませんか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 14:05:01

印鑑の作成の際は、実印と認印は絶対にお一つずつ作るようにしてください。
その理由と致しまして、それぞれのはんこの役割を下記にて
ご説明させていただきます。

まず実印という印鑑は、身近なところでは家や車の購入など、大きな金銭が
動くような重大な契約時に、間違いなく本人であることを証明するはんこです。
ではどうやって証明するか?と言えば、お住まいの市区町村役所に
登録を行い、印鑑証明を発行してもらうことで照合を行います。
実印の印影は、いわばあなたの「ID」となるものですので、唯一無二で
なければなりません。他人によって偽造されてしまった場合、
あなたになりすまされてしまいますので、絶対に注意してください。

一方、認印は、実印のように役所などの機関への登録を必要としません。
その用途も、宅配便の受け取りから、公的な証書の請求といったものまで、
日常生活で最も頻繁に使用する印鑑であるといえます。

万が一、実印を認印と併用してしまったら、あなたの「ID」となるはずの
印影が、不特定多数の第三者に公開されることになってしまいます。
これではいつ偽造されてもおかしくありませんし、そのようなことでは
実印としての役割を果たせるはずがありませんよね?

上記の理由により、印鑑の作成の際には、実印と認印は必ず
別々にお作りいただかなければ大変危険でございます。
どうかご参考としていただけましたら幸いです。


※「よくあるご質問集」は、印鑑 作成のハンコズドットコムが提供しています。

« 前のページ次のページ »


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***