印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/7/15 火曜日

印鑑の「当たり」とは何ですか?付けた方が良いのですか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:49:01

印鑑の「当たり」とは、ハンコの上下を示すしるしのことをいいます。
形状はさまざまで、薄く小さい溝状のものから、小さなポッチが付いたもの
などがあります。
これが付いていることで、印鑑を押すときに、わざわざ印面を確認しなくても
上下を間違えずになつ印することができます。
ただハンコは自分の身代わりであるという考えから、大切なはんこに
傷をつけたくない、また書類に大切な印鑑を押すときは、印面を確認することで
少し間をおき、本当にハンコを押してよいか再確認した方が良い、
といった理由から、当たりを好まれないケースも多くございます。
上記をふまえ、ご検討いただければと存じます。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

« 前のページ


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***