印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/7/30 水曜日

個人の印鑑にはどんな種類があるのですか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:15:08

個人の印鑑として代表的なものといたしましては、実印・銀行印・認印があります。
ここではそれぞれのはんこの用途を、簡潔にご説明させていただきたいと思います。
よろしければ、ぜひご参考となさってください。

まず、実印につきましては、お住まいの市区町村役所に登録するはんこです。
不動産や乗用車の売買といった大きな契約の際に、印鑑証明を添えて
契約書になつ印します。
実印は、「本人であること」を証明する、非常に大切なはんこで、
いわばあなたの「ID」となる印鑑です。

次に、個人の銀行印ですが、これは預金口座を開設する際に、
金融機関へのお届け印鑑として登録するものです。
預貯金の出し入れを行うときに、本人確認の証明とされます。
銀行印は、あなたの大切な財産を管理する印鑑です。

認印は、宅配便の受け取りから公的な証書の請求まで、実印・銀行印以外の
用途でのなつ印が必要なときに使用する印鑑です。
日常生活の中で、最も使用頻度の高いはんこと言えるでしょう。
認印は、たしかにその書類の内容を承認しました、ということを示す印鑑です。

以上が、個人の印鑑として最も一般的なものとなります。
他にも、文書の字句を訂正したときに、たしかに権限のある人によって
その行為が行われたことを示す訂正印などがあります。
印鑑をお作りになられます際のご参考としていただけましたら幸いです。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

« 前のページ次のページ »


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***