印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/5/28 水曜日

認印は三文判ではいけないのですか?

Filed under: よくある質問集 — admin @ 14:13:36

認印は、家やクルマの購入といった大きな契約時に使用する実印、
銀行の口座を開くときにお届け印鑑として登録する銀行印以外の
すべての用途にお使いいただく、最も使用頻度の高い印鑑です。
たとえ認め印といっても、なつ印されている以上は、実印と同じように、
その書類の内容を認めたことになり、当然、法的な責任も発生します。
このことが、認印でも偽造されにくい唯一無二の印鑑で作成して
いただくことをお薦めしている理由でございます。
既製品が印章タワー(陳列ケース)にたくさん並んでいる三文判は、
大量生産品であり、同じ印影の印鑑が無数に出回っていますため、
本人の意思の証明である、はんことしての根本的な役割を満足しません。
このことを考えると、三文判はあくまで急な入用でハンコがない場合などに
限定して使用するべきでしょう。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコムが提供しています。

« 前のページ次のページ »


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***