印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/4/23 水曜日

個人事業の印鑑には、何が必要になりますか。

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:29:19

法人格(株式会社や有限会社など)を持たない個人事業の場合、
仕事の上で絶対に必要なのが角印です。
これは領収書や請求書、見積書、発注書など、日常業務で発生する
書類に、承認の印としてなつ印するものであり、
角印のない書類は通常、認められません。
個人事業の場合は、屋号で角印をつくるのが一般的であり、
その場合は個人名は入れません。
次に、同じく日常業務で発生する書類になつ印する
住所印が必要になります。
分割式(ジョイントタイプ)で、用途に応じて自由自在に
組み合わせのできる、親子ゴム印が便利です。
また、角印は日常業務で生じる書類になつ印するのに対し、
各種契約書には、法人格を持つ場合は、登記のさいに法務局へ
登録を行った会社実印をなつ印するのが一般的となります。
個人事業の場合は、登記は行いませんが、形式的に
契約書になつ印する目的で会社実印をお作りになる場合もあります。
また取引先によっては、個人事業であっても契約書に会社実印の
なつ印が求められることがあります。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコム が提供しています。

 


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***