印鑑 証明や印鑑 登録などの関連キーワードをわかりやすく解説。

2008/4/22 火曜日

印鑑の文字部分に塗っていた墨が取れてしまいました。

Filed under: よくある質問集 — admin @ 12:14:49

商品としてできあがった印鑑の印面には、たいてい、黒か朱の墨(すみ)を
塗っています。これは「墨打ち(すみうち)」といい、彫刻を行った後に
残った字線の輪郭がきれいに仕上がっているか、彫り残しはないかなどを
確認するために行うものです。これを行うことで、より美しい仕上がりに
おつくりでき、またお客さま側でも、墨打ちを行わせていただいておりますために
仕上がり具合がご確認いただきやすくなります。
まれに機械彫りの店では、作業の手間を省くため墨打ち自体を
行っていないところもあるようですが、これでは彫り残しがあったり
美しい仕上がりにならなくて当然です。
象牙・柘には通常は黒の墨を、オランダ水牛・黒水牛には朱の墨を打ちます。
墨打ちで印面に塗っておりますのは、黒か朱の通常の墨(すみ)で
ございますため、お使いいただくうちにはがれて参りまして、
そのうちに完全になくなりますが、何か問題があってのことではございませんので
どうかご安心くださいませ。
※チタンや水晶などは、材質の性質上、手作業での彫刻が
できない商品となります。専用の彫刻設備でご製作を行いますため、
チタン、水晶に関しましては、墨打ちは行いません。


※「よくあるご質問集」は、印鑑のハンコズドットコム が提供しています。


ハンコズドットコムの特化型はんこ専門店
水晶印鑑の格安通販ゴム印の作成ならチタン印鑑の製造直販
象牙印鑑の激安販売実印の作成専門店シャチハタの格安専門店
激安のシャチハタならはんこの知識
メーカー仲間運営サイトのご紹介:激安印鑑の作成
*** 「Hankos.com」ならびに「ハンコズドットコム」は、当店の登録商標です ***